約束したはずの養育費を払ってもらえないと、本当に困りますよね。再三の督促をしても、支払いしてもらえる見込みがない場合には、未払い分の養育費を請求する方法の最終手段として、強制執行手続きがあります。給料差し押さえにより、養育費は確保できますが強制執行には注意点もあります。

リンク集02

ここ最近のニュースなどを見ていると、少しずつですが雇用の状況が改善しつつあるようです。有効求人倍率の数字や最低賃金の件など、働く人にとっての環境はすこしずつは良くなっているようですが、まだまだ改善するべきことは山盛りのように感じます。公にはあまり見えない部分での問題こそ、早急になんとかしなければいけないのですが、立場的に弱い方 にとって不利な部分は改善までに時間がかかる傾向にあります。

しかも、個人の立場ではどうしようもないけれど、何としてでも解決したいような場合には労働問題強い 弁護士に相談するのが一番です。親身になって解決策を考えてくれると思います。管理監督者は残業代なしというのも聞く話ですが、実際には名ばかりの管理者で実態が伴っていない場合もあり、それにも関わらず賃金体系は不利なものになっており、労働者側から不満の声が上がるのも当然のことです。

業種にもよりますが、毎日のように残業をしているのにも関わらず、残業代がほとんど支給されていない会社もけっこうあるそうです。特に、若い人が多い職場であったり、時間帯が不規則な職場でありがちなのかもしれません。本当であればもらえるはずの残業代がいったいいくらなのか?どうすれば未払いになったままの残業代を請求することができるのか?無料の未払い残業代 計算ツールなどもありますので、一度試してみると良いでしょう。