約束したはずの養育費を払ってもらえないと、本当に困りますよね。再三の督促をしても、支払いしてもらえる見込みがない場合には、未払い分の養育費を請求する方法の最終手段として、強制執行手続きがあります。給料差し押さえにより、養育費は確保できますが強制執行には注意点もあります。

リンク集01

住宅ローンの金利動向が気になる時期ですね。借り入れや乗換えの際には、変動金利と固定金利のどちらが有利なのか?タイミング的にいつが有利なのか?と色々判断に迷うことが多いものです。今後何年も支払いが続くことを思うと少しでも損しない方法を選ぶのは当たり前です。そうして、住宅を手にして、ローンの返済をしてくわけですが、中には事情で支払いが当初の予定のようにはいかずに、振込が滞ってしまう場合もあります。そのままですと、住宅ローン 滞納 競売という流れになります。とはいえ、滞納してもすぐに家を差押えられるわけではなく、場合にもよりますが半年前後の猶予はあることが多いです。それまでに、何とか対策をすることで大切なマイホームを守ることにつながります。


大事な家族のために手に入れた自宅は誰もが本当は手放したくはないと思います。できるだけ不動産競売 回避したいのも当然のことです。しかしながら、ローンが返せないとなると、なんらかの方法をとらなければ家を失ってしまいます。フラット35などで住宅金融支援機構のお世話になった方も少なくはないのではないでしょうか。ローンの残債やこれから先の支払い方法については、自分だけで考え込んでしまいがちですが、こういう時こそ専門家の力に頼ってみてはいかがでしょうか。行き詰ってどうにも出来ないようなときには、知り合いではなく他人である第三者に話を聞いてもらうだけでも、精神的にはすごく助かると思います。多少は客観的に考えられるようになる場合もあります。すぐに弁護士には依頼しなくても、まずは地元の役所や地域で開かれている無料の法律相談などに足を運んでみるのも有効でしょう。


相続などの財産分与もそうですが、離婚による不動産の財産分与もなかなか難しい問題です。単純に不動産を売ってしまうのであれば、そこから残債文を引いて、残った金額を分ければよいわけですが、どちらかが引続き住む場合や、売りたいけれどローンが残っていて売れない場合などもあります。離婚 住宅ローン 財産分与で揉めた場合には、きちんと法律の専門家に相談してどのように処理する方法が最良なのか、話し合いの時間を作ることが必要です。